mihama-style

Strength Finder, D&I, Working mother, Career, Social contribution

Home - 2017 - 8月

月別: 2017年8月

子供の行動の変化にはこころの揺れが影響し​ているかもしれない

Posted on 2017年8月11日 in ワーキングマザー 子育て

我が家にはまもなく3歳になる男児がいます。

 

イヤイヤ期

いわゆる2歳のイヤイヤ期。

姉のおもちゃをとりあげたり

自分がっ!自分がっ!と主張して親が手を出すと怒ったり。

最近はモノを投げたり、たたいたり、なんてことも

見受けられるようになってきました。

 

これはイヤイヤ期だから、と一言で片付けられるのでしょうか。

 

環境の変化

息子は0歳児クラスから保育園に登園しています。

そのときから主任の男性保育士さんにお世話になっていて、今年で三年目でした。

 

その保育士さんのことは

「○さん、こわいの」

「○さん、だいすきなの」

といつも話してくれていまいた。

厳しさと優しさをもって、誠実に子供たちに接していてくれたことは

保護者よりもいつも一緒にいる子供たちの方がよくわかっていたと思います。

強い信頼関係で結ばれていたのがよくわかりました。

 

ところが、その保育士さんがやめることになりました。

実は3月から、保育園は職員の退職ラッシュで

保護者たちは園の運営に不安を持っていたのです。

そこにきて、一番信頼している保育士さんの退職。

 

親や園の落ち着かない様子

ママ同士のLINEでも、

このままどうなっちゃうんだろう

何が起こってるんだろう

子供たちが心配

と、不安な声が聞かれました。

たぶん園も落ち着いていなかったと思います。 保護者や園に流れる不安定な空気を感じ取っていたかもしれません。

 

こころの揺れ

甘える

よく泣く

ケンカする

 

これらの行動はあって然るべきだとおもうけれど

親の目から見て、これらの行動が急に増しているのはなにか成長過程だけではなく

きっかけがあるようにもみえるのです。

 

2歳はまだまだ自分の感情を理解することができません。

こころの揺れを表現することもわからない。

だけれども、なにか揺れるものがあるから行動にでているのではと思います。

 

こういうときこそ、親としては受け止めて

そのまま文字通りにぎゅぎゅーっと抱きしめてあげる時間を増やしていきたいと思います。

 

あなたの存在に価値があること。

ただいてくれるだけで、感謝の気持ちが湧いてくること。

 

運命思考のTamanaより、息子へメッセージを送り続けます。

ANAマイルをためて特典航空券を利用して家族4人で沖縄バケーション

Posted on 2017年8月10日 in マイレージ ワーキングマザー 旅行

夏休み。家族で旅行に行きたいですよね。
でもこの期間は一年のうちでも料金が高額な時期。現地で楽しむためにもなんとか出費を抑えたくないですか。

陸マイラーって?

私は陸マイラーです。

<陸マイラー>
航空会社がクレジットカードホテルレンタカー通信販売など他業種と提携し、
提携している店舗等を利用するとマイルが加算されるサービスをしている。
これらのサービスを利用し、飛行機には搭乗せずにマイルを貯める人たち

そもそも、どうして私が陸マイラーになったかというと、
当時お付き合いしていた彼(現夫)が、札幌に配属になったことをきっかけに
毎月遊びにいっていたので、どうせならと
クレジットカードをつくってため始めたのがそもそもの発端です。

ANAの還元率がよいと聞いて、それ以来ずっとANA派を貫いています。

特典航空券の利用実績

実績は
札幌は何往復も。
沖縄家族旅行は2回目。
昨年は娘と二人でヨーロッパ旅行(INフランクフルト OUTパリ)にいきました。

マイルの貯め方

私のマイルの貯め方はいたってシンプルです。
ひたすらカードで決済します。

何か買い物をするとき、可能な限りカード決済をするのです。
スーパーで1000円程度の買い物でもカード。
携帯料金、水道光熱費ももちろんカード決済。

これでコツコツ貯めています。

特典航空券の予約方法(国内)

国内の特典航空券は2か月前から予約が可能です。
繁忙期にはなかなか予約がしづらいといわれていますね。

2か月前の9時半から予約開始なので、希望旅程の往路の発売開始日にスタンバイすれば往路は予約できるんです。
でも復路がすでに満席で予約ができなかったという声をよく聞きます。
同じような経験をお持ちですか?

今回私が予約したのは8月一週目の土~火曜の3泊4日プラン。
夏休み時期なので、非常に予約がとりづらいと言われる時期です。
それでも家族4人(正確に言うと息子は膝の上なので3人)分のチケットを予約することができました。

希望日に特典航空券の予約をするためには、ちょっとしたコツがあるのです。

・特典航空券の往復の期間は14日以内。
・変更手数料は無料。

この2つの条件を活用します。

たとえば9月10日から14日まで旅行にいきたいとします。
まず復路の2週間前の日付を調べます。
9月14日に帰ってきたいならば9月1日。
その2か月前の7月1日の9時半に予約をするのです。
旅程は暫定で、往路が9月1日、復路が9月14日とします。
これで復路の便確保ができました。

どうして行きたい日ではないのに予約をするの?と思いましたか?
往復一緒に予約しないといけない、という先入観を捨てましょう。
このあとはおわかりですね?
本来乗りたい往路便である9月10日の2か月前、、すなわち7月10日の9時半になったら
往路便を変更するのです。

繰り返しますね。
特典航空券の往復の期間は14日以内と指定されています。
また変更手数料は無料です。

この2点を利用することで、スムーズに特典航空券を予約することが出来ます。
文字で読むとややこしいのですが、とっても簡単なことなので
ぜひ試してみてくださいね。

ちなみに年末年始やお盆、GWは各航空会社によって、特典航空券の予約できない時期がありますので
日程を検討する場合は、事前にご確認くださいね。

収集心とアレンジ、最上志向が組み合わさった行動かしら。

いままで特典航空券の予約がとれなくて悩んでいたあなた、ぜひお試しくださいね。